読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

アイス・バケツ・チャレンジもいいけど、それなら宇宙兄弟を読んで考えよう

僕が住んでる福岡の一部の地域でも現在大変な被害になっている

広島と同じような局地的な雨が今日降りました。

幸いなぞちゅうの住んでるところはお昼にはピーカン晴れてました。

ただ、一部地域は川があふてたり大変だったようです。

人間はホント天災の前では無力ですよね。

ただ僕らが出来る最善の策はその時々色々考えて

動いていきたいですね。

その時出来る最善策を色々考える。

これ今回の話に繋がります。

 

何かと話題のアイス・バケツ・チャレンジですよ。

 

アイス・バケツ・チャレンジIce Bucket Challenge)あるいはALSアイス・バケツ・チャレンジALS Ice Bucket Challenge)は、バケツに入った氷水を頭からかけるか、アメリカALS協会英語版に寄付するという筋萎縮性側索硬化症ALS)支援運動のひとつ。2014年に始まり、ソーシャルメディアを通してアメリカだけでなく他国にも広まっている[1][2]。日本ではアイス・バケット・チャレンジと呼ばれることもある。

 

頭から氷水をかぶるかALS協会に寄付するかを

選択するっていうのがあるらしいですけど、

氷水を被った人のほとんどが寄付もしているみたいですね。

これを見た時なぞちゅうが思ったのは、結局これって被った人の

パフォーマンスにしかならないんじゃないの?

氷水被って被った人が心臓麻痺とかで死んだらそれは問題だよね?

と思っていたら発案者の人が亡くなるというブラックジョーク的に

既になっているし、実際亡くなった人もいるようで。

 

「氷水バケツ」世界で広がるソーシャル寄付 27歳発案者が事故で亡くなる

 

 

こんな状態になっちゃったらALS協会から

気持ちは嬉しいんですけど、皆さん危険だから止めてくださいね的

アナウンスがあるかと思ったら、やっぱりそうなりました。

日本ALS協会 - ALSアイスバケットチャレンジ

 

人気ブロガーの斗比主さんが書いているように

とりあえず、もやもやするかもだけど、きちんとお金は

集まってるよというのを見て少しスッキリするのもいいと思います。

氷水をかぶるALS支援運動にモヤモヤしている人が少しスッキリするための図 - 斗比主閲子の姑日記

 

旬の話題にあがっているし、僕が思ったのと

同じように思った方々が色々記事なりブログ書いてますね。

アイスバケツチャレンジをやるのも支持するのもいいけどさ - かいだん

 

氷水を頭からかぶったって、本当にそれが支援になるのか | Ben Kosinski

 

「バケツの氷水かぶり」チャリティーがどうも「違うのじゃないかな」感がある - ゆうじむらた的日記

 

「24時間テレビ」と「アイスバケツチャレンジ」について ブロガーでも出来る事を考える - 鈴木です。

 

とりあえずなぞちゅうとしては今回こうやって大きなムーブメントに

なったのはいいと思うんです。

ただ、やっぱりそれがやった人の自己満足になってしまってはダメで

ALSの方々が日頃どんな思いで生活されているのかとか

どうしたら日々の大変な生活を少しでも緩和出来るか考えること

が大事だろうと思います。

 

そんな訳でタイトルの宇宙兄弟ですよ。

宇宙兄弟 24 (モーニングKC)

宇宙兄弟 24 (モーニングKC)

 

 宇宙兄弟には主人公の南波兄弟を小さい頃から見守ってきた

天文学者シャロン博士って女性が出てくるんですけど、

彼女が、作品中で侵される病がALSなんですね。

ちなみに南波六太が恋焦がれる同じ宇宙飛行士を目指す仲間の

女性のせりかさんのお父さんもALSでした。

 

宇宙兄弟はタイトル通り兄弟で宇宙を目指す物語なんですけど、

六太もせりかさんもALSだった大切な誰かの為に宇宙に行って

夢を叶えようとします。

せりかさんの場合はお医者さんという設定なので、宇宙でALS

新薬を開発したいという直接的な理由で。

六太の場合は自分の夢である宇宙飛行士になって活躍している

姿をシャロンに見せることで元気になってもらおうという

どちらかというと間接的な理由で。

 

そして、ちょっと前にTwitterで自分がRTしたこの記事です。

地球で生きる宇宙飛行士――『宇宙兄弟』はなぜALSを描いたのか? / 川口有美子×佐渡島庸平 | SYNODOS -シノドス-

 

 宇宙兄弟のなかでシャロンはどんどん衰えていくけど

けど、六太やヒビトの活躍を見て彼らの姿を見続けたい

と願ってたぶん生きてるんじゃないかなと思うんですね。

 

今回アイスバケツチャレンジで多額のお金が集まったの

は素晴らしいことだし、それこそALSの方々がヘルパーさんなり

支援の方々に支払うお金になるならいいと思います。

 

ただ、綺麗事を言うようでであれなんですけど、

やっぱり記事の中にあるみたいに、患者さんがいかに

自分の状態と向き合って前向きに生きられるかが

なぞちゅうは大事だと思うので、とりあえずもしこのブログを

読んだ人でアイス・バケツ・チャレンジが回ってきた人がいたなら

 

氷水かぶるのもいいけど、宇宙兄弟読んだらいいよ!

と提案するのがカッコいいんではないでしょうか?

 

なぞちゅうのところには回ってきそうにないですけど

回ってきたなら宇宙兄弟を進めたいと思いますw

 

なぞちゅうの(シャロン博士の)今日の一言

it's a piece of cake ! 楽勝だよ

シャロン博士が六太に言った言葉。

寄付したいと思ったら氷水をかぶらなくても寄付できる。

ただ、宇宙兄弟を読んで患者さんの気持ちを少しでも

考えることの方が楽勝なんじゃないでしょうか?

 

でわでわ、またね。