読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

待ちに待ってたtorne mobileアプリが配信開始されたよ

最近もっぱら録画した番組を取りだめして見れてない

なぞちゅう(@nazotyuu)です。

 

今日はそれこそ手裏剣戦隊ニンニンジャーの主題歌がitunesで配信

されたよ。発売日に配信されるとかやっぱり今は便利だね

的なブログを書こうかと思っていたら、同じ日に僕が待ちに待ってた

torne(トルネ)のスマホタブレットで使えるアプリバージョンが

リリースされたのでそっちを書きます。

今までネットワークレコーダーnasneにアクセスするアプリは

あったんですけど、どうも使い勝手が悪かったです。

理由は簡単で

操作しずらくて、わかりにくいから

なんですよね。

早くtorneのアプリが出ないかなぁと舞っていた人は僕だけではないはず。

 

まぁそれこそ

そもそもtorneってなんぞや?何が出来るの?nasneと何が違うの?

っていう人がほとんどだと思うんですけど

すごーく簡単に言えば

「家庭用ゲーム機のPS3の地上デジタルチューナーだったんだけど

今はnasne(ナスネ)っていう似たようなネットワークレコーダーのアプリ

の名称になっちゃったもの」です。

 

こちらにナスネとトルネどう違う?っていうのがありますが

ナスネ™はハードディスクを搭載するネットワークレコーダー、つまりハードウェアですが、torne™はプレイステーション専用に開発された、ナスネ™を使用するためのTV視聴・録画アプリケーションです。torne™はプレイステーションの性能を生かしたサクサクとした動作や遊び心あふれた操作感によって、まるでゲームで遊んでいるような感覚で録画予約や番組チェックなどの操作ができます。

というように公式さんもtorneはもうアプリだよと言ってるんですね。

もう初代のtorneはなかったことみたいになっててちょっと可愛そうw

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

 

 改めて言いますが、一番初めのtorneはPS3に繋いでテレビ番組を

PS3のHDDに録画出来るようにしたチューナーだったんです。

発売された当時からその操作性と、とにかくさくさく動くインターフェイス

は話題になりましたし、値段もお手頃だったので当時はまだ高価だった

HDDレコーダー買うよりこっちが全然いいじゃんとなったわけですね。

 

そんな中しばらくたって発売されたのがnasneでした。

 こちらはネットワークレコーダー、要するに単体のHDDレコーダーです。

ただこのnasneを操作するには何かしらネットに繋がる機械

スマホタブレットPCを介する必要があります。

つまりそれらがないと操作することが出来ないんですw

 

つまり今回紹介するtorneはこのnasneを操作するためのアプリ

ということになるんですね。

まぁとりあえずHDDレコーダーをすごーく操作しやすい

アプリが配信されたんだよということです。

 

使ってみた感想は

使いやすい!!さすが!!もう君に決めた!!(ポケモン風)

でございます。

アプリの仕様でスクリーンショットが撮れないんですけど

今までtorneを使ってきた人ならほぼ直感的に操作できるのは

さすがだなぁと思いました。

トルネフが色々番組について喋ってくれるのも楽しいです。

 

これでなぞちゅうが撮りためていた番組が少しでも

消化されるといいのですが。

 

ただひとつだけ気になったのは

このアプリは無料だけどテレビ録画番組視聴には

500円払わなければ見れないこと

 

この1点だけですね。

それならもうはじめからアプリを500円で売ればいいのに

と思うんですが、初めは無料で後から課金はソシャゲで慣れた

今の世代には大丈夫という判断なんでしょうか?

 

torneくらいユーザー満足度が高いものなら自信をもって

値段をつけてもいい気がするんですけどね。

 

とりあえず最後にもう一言だけ。(右京さん風)

今日の相棒最終回

もうちょっと頑張りましょうよ!!

取り乱して最後よくわからなくなりましたが

ひとまずまだ一話も見てない艦これをこれで全部見れるはず。

頑張りますw

ひとまずnasne持ってる人はおとなしく500円出しましょう。

500円以上の価値は間違いなくありますよ。

 

 

でわでわ、またね。