読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

新婚が見た神魂合体ゴーダンナー!!の感想。

熱血系アニメを見るのは元気になるので好きです。

熱い特撮作品見て元気になるのと似てる気がします。

どうも。なぞちゅう(@nazotyuu)です。

 

幸運なことに特撮好きの集まるオフ会で知り合った某氏から

神魂合体ゴーダンナー!!のBlu-rayBOXを借りました。

(その他の作品もたくさん借りました。ありがとうございます)

セカンドシーズンまでで全24話通して見たんですけど、

まぁ面白かったので感想書きます。

ちなみにネタバレ全開ですw

 

というのも僕が感心したのが物語の核になる部分だったので。

ネタバレ無し感想としては

マジンガーZ(というか巨大ロボットアニメ)

 へのリスペクトが凄まじい」

おっぱいがいっぱい

「合体シークエンスのツインドライブが回るところが好き」

「静流さんがエロい。

 何であんなに年下の男子を(筆おろし)イチコロにするのか!!」

そんな感じですw

f:id:nazotyuu0522:20160108164743p:plain

神魂合体ゴーダンナー!!Blu-ray BOX (初回限定生産)

神魂合体ゴーダンナー!!Blu-ray BOX (初回限定生産)

 

 正直はじめはその某氏がカラオケで歌っていた主題歌が

水木一郎堀江美都子黄金コンビだったこと。

作曲が渡辺宙明大先生だったこと。

何より歌がカッコ良かったことが印象にあり、

面白そうだなってくらいのものだったんですけど、

まぁいざストーリーを通して見ると、

途中から見るのを止めれなくなりましたw

 

映画でもアニメでも、面白いものってあっという間

というかいつの間にか引き込まれていて、気づけば

年末年始イッキ見していた感じです。

(正確には12話ずつに分けたけど)

 

で、凄い素直な感想なんですけど、

何で自分ゴーダンナー見てないんだろうと思った時に

放送年を見て気づきました。

2003年、2004年って

なぞちゅうおもいっきり就職活動してたよ…

 まぁでもそういう時こそ見たかったアニメかもしれません。

 

というわけで、ここからネタバレありの感想

 続きの前でネタバレ無しと言いながら

実はTwitterでこんなことをつぶやいてたんですが(汗)

 

妖星ゴラスのことはまた今度書くとしてw

見ながら何かこの感じのアニメ見たことあるなぁと

思ったんですよ。で、気づいたのが

「ああ、機動戦艦ナデシコだ。」と。

機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】

機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】

 

 

機動戦艦ナデシコ新世紀エヴァンゲリオンが放送された

後にあったエヴァショックを受けて出来たアニメの一つ

だと思います。

 

エヴァンゲリオンという21世紀の今でさえ新作が作られる

化物アニメがあったせいで、

それこそエヴァのセカンド・インパクトの様に

一度アニメ界がリセットされました。

 

そこで、

「あれが出来るんならこんなアニメもありだろう」

という変な自信をアニメ業界の方が持ったか

どうかはわかりませんが

機動戦艦ナデシコ」や「少女革命ウテナ」なんかは

間違いなくエヴァがなければ出来なかったんじゃないかなと。

 

ナデシコもおもいっきり宇宙戦艦ヤマト

オマージュしてますし、ゴーダンナーと同じで

ロボットアニメへの愛があふれています。

 

ゴーダンナーはロボットそのものがメインになって

ナデシコでは戦闘ロボットのエステバリス

劇中アニメのゲキガンガー3という形で

それが叶えられているんですね。

 

・ちょっと勝ち気で元気なヒロインの女の子。

・謎の憂いを帯びた美少女(幼女)

・美人オペレーター二人組

・主人公とヒロインの恋次にある様々な障害

 

とまぁ類似点を他にもあげたらきりがないですね。

要はラブコメ+正統派ロボットアニメって図式で

その様式美のポイントは抑えてました。

 

特に主人公(というか男性キャラ)を

インサニアウィルス(人間が擬態獣みたいになってしまう)

せいで戦えなくしてしまうというのには思わず

膝を叩きましたよ。

 

やっぱり主人公の行動が限定されることで

後々その限定が解除された時に解除されたことによる

熱血度合いが高まるというものです。

 

まぁインサニアウイルスが光司には効かないというの

が腑に落ちない感じもしますが、

それもまぁロボットアニメなんてそんなもん

みたいな風に言ってしまえば、まぁそうだよね

と変な納得が出来てしまうかもしれませんw

 

大体、作品の中で設定破綻しなくなったのって

なぞちゅうのイメージだとつい最近な気がするんですけど

違います?

 

でもなぁ、もうそれこそ自分のアニメ体験は

ナデシコあたりで止まっているので何とも言えませんがw

 

とりあえず久しぶりに見ていてワクワク熱くなれた

アニメでした。

 

よし、次は八岐大蛇の逆襲見るぞ!!(笑)

 

ひとまずここまで。

でわでわ、またね。