なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

【映画感想】パワーレンジャー鑑賞


f:id:nazotyuu0522:20170717124524j:image

久しぶりに映画を見てきました。

パワーレンジャー

そう、ハリウッド版スーパー戦隊ですね。

 

もともと恐竜戦隊ジュウレンジャーという

戦隊があり、その巨大ロボ戦の特撮パートはそのまま

使い、変身する5人は現地の皆さんというテレビ番組でした。

それが、現地で大ヒット。

 

それからはそれ以降の戦隊をモチーフに

侍モチーフの侍戦隊シンケンジャーが元の

パワーレンジャーサムライや

刑事モノの特捜戦隊デカレンジャーが元の

パワーレンジャーSPD

などもヒットしています。

 

で、今回満を持して劇場版になったんですけど、

前述したように本国では人気でしたが、

どうも中国市場で公開したら

大コケしたらしく、続編も作る気満々だったのに

今回の日本の人気次第で続編が出来るかどうか

決まるらしいというつぶやきを見つけました。

 

まぁぶっちゃけですね、続編厳しいかもなぁと

思います。同じ方が言ってましたが、

ネット配信とかならあるかもしれません。

 

何はともあれ、なぞちゅう的には

あのパワーレンジャーがハリウッドで映画になった。

お金をかけるだけかけた戦隊ってどんなだろう?

が現実になっただけで、もう100点なんですけどね。

 

事前に色々ネットの感想を見ていたんですけど

おおむね好評だったので、後は良いとこ探しと

僕なりのポイントに注目しながら見ました。

ということで1つずつ感想を。

 

ちなみになるべくネタバレしないように書くつもりですが、

戦隊の水戸黄門スタイル

(ある程度ストーリーラインが決まっている)

こともあり、自然とネタバレになっている場合が

あるかもしれません。

その辺はあしからず。

 

1.戦隊モノの醍醐味は

やはり5人が力を合わせて戦うところ

やはり戦隊というのは5人が力を合わせて戦うところに、

仮面ライダーなどの単独ヒーローとの違いがあります。

どちらかというと戦隊モノの方が大好きな僕はどんな風にチームとして

まとまるのかな~と期待してました。

これは物語の前半を使って丁寧に書かれてましたんで合格。

 

レッドのリーダー具合がちょっと薄かった気がしましたが

まぁ、これはまだ成り立てだからしょうがないですね。

 

ネットで見た不評の人の意見は結構この部分というか

ボカンボカン戦隊の戦いをするまでに時間が掛かる、

タルいって意見があったんですけど、たぶん僕らが東映の本家

劇場版で30分でストーリーラインを駆け抜けるのに慣れすぎてるw

というのもあると思いますよ。

 

2時間の映画で特に、レンジャーになるくだりは必要だと思うので

なぞちゅうは特に問題なく入れました。

 

2.敵の強さとご都合主義のバランス

面白い話になるには敵がどのくらい強いかっていうのが

結構大事だったりします。

今回の敵はダークサイドに落ちてしまった

ピチピチスーツの女戦士。

もう、ザ、敵!!って感じですね。

 

今回の敵のリタ・レパルサって初代パワーレンジャー

敵なんですね。

パンフで当時パワーレンジャー見ていたお父さん世代に

受けが良かったみたいなことが書いてあったんですが、

もう親子2世代で戦隊を楽しむっていうことがアメリカ

でも起きてるって言う事実にちょっとジーンときました。

 

 

まぁ個人的にはもう少し深くなぜダークサイドに落ちちゃったのか

とか前のパワーレンジャーの皆さんのストーリーも見たかったかな。

でも、戦隊はたぶん一連の敵を倒すまでの流れを重視したら

その辺は省かれてしまうのはしょうがないかという感じです。

 

ご都合主義(それって現実ではあり得ない)に関しては

なぞちゅうが見た感じ少なかったと思います。

自分が探せなかっただけかもしれませんが。

もうストーリー自体がご都合主義なんだからという

ツッコミは無しです。

 

3.巨大ロボ戦

戦隊といえばやっぱり巨大ロボ戦。

はじめからそれでやれば良いやん。というこれまた

ツッコミはありますが、今回はちゃんと敵もデカかったからねw

 

俗にいうトランスフォーマーのバリバリCGで迫力は

あったんですけど、これも自分の好みなんですが、

きちんと合体して欲しかった…

 

改めて合体シークエンスが好きなんだなと

再発見した感じです。

 

ただねぇ。元もこもないのですが、上映後最初の感想が

「この予算で本家がやったやつを2時間くらい見たい」

だったんですよねぇ(笑)

坂本浩一監督が同じ様なことを言っていたようで

もう僕がアラブの富豪なら120億坂本監督に出すんですけどw

 

とりあえず僕の大好きな戦隊モノの戦いが

大きなスクリーンで見れたのでおおむね満足です。

 

あとこれは言っておきたい。

俳優さんがやる声優にアレルギーがある人は

逆に見て欲しい。

広瀬アリスちゃんのピンク以外といいですよ。

 

ちなみにこの日だったのかな?

ピンクレンジャー役のナオミ・スコットさんが

実写版アラジンのヒロインをやるそうですね。

 

僕の奥さんと話してたんですけど、

だんだんナオミ・スコットが広瀬アリスに見えてくる不思議w

アラジンの時もやったらいいと思うんだけどなぁ。

 

とにもかくにも夏映画、何見ようかと思っている人は

ぜひ、見て下さい。

オススメです。

 

でわでわ、またね。