読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

人造人間キカイダー役伴大介さんのトークショー&サイン会に行ってきた

特撮
さる1月の27日に僕の今住んでる北九州のあるあるシティで
人造人間キカイダーキカイダーを演じた伴大介さんの
トーク&サイン会がありましたんで行って来ました。
来るぞ!ってわかってからとりあえずサイン会の予約券
みたいなのはもらっていたので、それを握りしめて出発。

当日は朝方は晴れてたんですけど、昼過ぎからあいにくの雪。
まさかの雪で会場に向かう電車が20分くらい遅れてイライラ
しながら、でも何とか会場に到着。
DSC_0046.jpg

































会場全景。
いろんな人のサインが見えますね。
アキノさん解りやすくていいなw
ANIMAXがプロデュースする
カフェスペースで中には
GRANRODEOの谷山紀章さんの
衣装やらがかざってありました。
ちょっとこじんまりとしているなぁというのが第一印象。
あるあるシティが出来てから初めて入ったよ。

この椅子がおいてある中央を中心に扇型に
椅子が並べられていたのでさすがに真正面は
気がひけるなぁと思い端っこに陣取る。
ちなみに多分一番乗りしたであろう方々は
真ん中に構えて待っていた。
年齢層はやはり若干高め。
キカイダーの本放送は1972年なんで直撃世代
となると40代とか50代の方になるんですよね。
そんな年代だろうなって方がちらほら。
男性9割女性1割という解りやすさ。
女性の一人の方もいました。

そんなこんなで司会のお姉さんが登場。
当たり前ですがトーク中の録音と写真撮影は禁止。
ただ、写真撮影はサイン会の時に応じてくれると
嬉しい知らせが。伴さんの方からぜひということだった
そうで、嬉しい知らせ。そして質問コーナーもあるという
ことだったので、一応twitterのフォロワーさんに
こんなこんなかんじで質問のつぶやきを送るも
誰からも返事が無かったので、自分で考える。
とりあえず今のMOVE大戦のイナズマンを見てどうですか?
っていうのを思いついたので質問しようと意気込んでいたら
万をじして伴大介さん登場!

第一印象やっぱりカッコいいでしたw
とりあえず東京では特撮関係のトークライブとか
に呼ばれて度々出演しているとのこと。
皆さんも東京に来る機会があればぜひという感じで
トークショーのスタート。
これから当日のトーク内容の箇条書きします。
途中あまりに真剣に聞いていたので
メモれなかった部分、特に質疑応答の部分とか
ありますが、ご勘弁を。

大まかなトークの流れ
(聞きながらメモったので話は若干前後しています)

伴さんは晴れ男。雪とか初めてかも。
撮影当時も晴れが多かった。
ただ晴れだと休みが少ないから
たまには雨も降って欲しいと思っていた。

ハワイのキカイダー人気はすごい。
ほぼ毎年のようにハワイに行っている。
活動の主がハワイ。
ちなみに伴さんはハワイの名誉市民。
ハワイで子供がゴーゴー・キカイダー
歌っている姿とかを見れると嬉しい。

日本にもキカイダーDayがあればいいのに。
何日がいいかな?と皆で考えていると
最終回は5月5日。
自分の誕生日だから覚えてるという話に。
覚えやすくていいですね。

もっと日本でもハワイみたいに
流行ればいい。
今のイジメの問題もヒーローが語りかければ
子供達に響くはず。
宮内洋のいうヒーローは教育番組というのは正しい
けど自分ではそんなこと言えない(笑)

一番前に座っていたお父さんと一緒に来た
小学生?の男の子にとってもキカイダー
カッコイイと感じるとわかって一同拍手。 

ジローの頭のヘルメットは撮影時爆弾を抱えて
飛び込んだ際に頭を怪我してしまい、それを
隠すためにしていた。

キカイダーの40週年を記念して出版された
キカイダー伝説は角川の社長がキカイダーファンで
出版の話があって出版された。 

40週年に合わせて芸名を伴大介に戻した件について
例の芸名改名した件は当時のマネージャーも
止めなかった。石ノ森先生の無くなる前に
謝れて本当によかった。
ちなみに改名した理由は当時お付き合いしていた
女性が占いに傾倒していて進められるがままって
感じだったらしい。

石ノ森章太郎先生は
ハカイダーの映画あんま良くないね
と言っていた(一同爆笑)

主役の伴さん見てもやはりハカイダーはカッコいい。
キカイダーがいるからハカイダーが生きる。
正義と悪の心の葛藤を書いている1話完結じゃない
ストーリー性が今も人気の秘密では?
渡辺宙明サウンドもやはりいい。

変身ポーズは意外とアバウトにその場で
現場スタッフが考えていた。

主役だからといって自分が中心というのではなく
周りを活かす演技を心がけている。

大葉健二は自分のいいところ悪いところ何かを
見ることが出来たからよかったんじゃないか?
大葉健二に普通の芝居は出来ないw
シリアス系は無理(断言)

質疑応答(観客からの質問タイム)

Q.ドリフというお化け番組の裏番組としてやっていた
    のを役者としてどう思っていたのか?

A.ドリフの裏番組ということで、あまり考えず
言葉悪いが捨て番組という感じで自由にやれた。
それでも放送途中から視聴率があがっていったのは
嬉しかった。

Q.今回MOVE大戦で若い役者さんが自身の
 イナズマンを演じているが率直な感想は?(謎中質問)

A.今のMOVE大戦に出ているイナズマンを見ると ちょっと複雑。
 イナズマンは自分のキャラっていう自覚があるから。
   東映も一言言ってくれていいのに(笑)

Q.山口、下関ロケの印象はありますか?

A.下関の印象というかロケでスタッフが大きな声では
    言えないやらかしをしてロケ隊全員が撤収することに
    なったこともあった。

その他色々な質問に丁寧に答えてもらいました。


印象深かったのは役者さんとしての考え方。
主役だけど周りを活かすようにしてるってことと
宮内洋さんを宮内ちゃんとちゃん付けしてたことですかね。
ちゃん付け出来るのは伴さんだからできるのかなとw
同じように大葉健二さんのことを
「あいつは俺の側で良い物、悪いもの全部見れたから
良かったんじゃないかな?」
って言ってましたが、それも言えるの
伴さんじゃないと無理だよなぁということでしょうか。


001
まさかのツーショットを撮って頂きました。
ポストカードにもサインを頂き恐縮です。
人間緊張してるけどすごくうれしい時はこんな感じの顔になりますw
顔出しはニコ生でしてるからもういいだろう?
悪用しないでねw

実際特撮に出演された役者さんと直に触れ合えたのはすごく
嬉しかったし良かったです。

改めて伴大介さん楽しいお話ありがとうございましたm(_ _)m



でわでわまたね。