読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

福岡三越にウルトラセブン展を見に行ってきた

この間の仮面ライダーアート展に続き、
今度はウルトラセブン展を見に行きました。
この展示会は全国の美術館とかで同様のタイトルで
ちょこちょこあっていたみたいなのです。
僕の生まれ故郷の長崎でもあってたみたいなんですが、
機会に恵まれず、これも縁がなかったと思って諦めよう 
と思っていたら、500円という破格値で福岡三越さんで
あるというラッキー展開にこれ幸いと喜び勇んで行きました。

セブン展


















残念ながら会場は写真撮影NGってことだったんですけど、
撮影に使われた着ぐるみや小道具、美術品がところ狭しと
飾ってあって、非常に資料性は高かったと思います。

僕の中で一番感動したのは実際にフルハシ隊員が来ていた
科特隊の服でも、精密に作られたウルトラホーク1号でもなく
(この2つもすごく良かったんですよ(汗))
脚本家金城哲夫さんの生原稿と企画書ですかね。
実は見に行く 直前にローカルニュース番組でこのセブン展
が取り上げられていて、最終回の台本と生原稿がありますよ
的なネタは仕入れておりましてw
これは中々見れないし、これは見ておかないとダメだろうと
思いまして目を輝かせながら見て来ました。
有名なダンがアンヌに俺は本当はウルトラセブンなんだと
告白する場面の原稿にはちょっと感動しました。

あとセブンの放送前の初期案のタイトルはレッドマン(仮)だった
んだんですが、そのレッドマンとして書かれたこういう作品に
したいっていう詳細な企画書ですけど、箇条書きで作品コンセプト
とか詳細に書いてあったんですね。そしてその中に明確に
『大人の視聴にも耐えられる作品を目指す』
って普通に書いてあったんですよ。

今でこそ僕みたいな大人の特撮ファンって当たり前になりま
したけど、まだまだ子供番組っていう印象が大半を閉めた
セブン放送当時にそのコンセプトを掲げられるのって
それは人気が出るわけだよなぁと妙に納得してしまいました。

また美術品、小道具の他M1号さんこと西村祐二さんが企画協力
していたこともあり、放送当時発売されていたおもちゃや
ソノシート、ソフビ人形なんかも飾ってありました。
ブルマークのこの人形1体いくらなんだろうなぁと
すごく下品なことを考えつつ、ひと通り見終わったら
022
















唯一写真撮影OKなセブン達が沢山!!
014
















マントが様になっているセブンさん。
026
















近くで見るとやっぱりデザイン完成されてるよなぁと実感出来ます。
015
















ウルトラセブン21さんです。ネオスの第2のウルトラマンって感じですかね。
025
















近くによると元祖セブンさんとの違いがよく解ります。

017
















平成のウルトラセブンことウルトラセブンXさん。
023
















セブン、セブン21、セブンXって続けてみるとやっぱりそれぞれ時代にあった
デザインになっていっているんだなぁと感じますね。
020
















きちんと息子ゼロもいましたよ。
029
















セブンと握手&写真撮影が出来るとあって皆続々と集まって来ました。
027
















整理券を普通にもらいました。というかポスターには先着50人とか
書いてあったのにNo51ってことはそれ以上の人が来ることも見越して
セブンさんが多めに見てくれたんでしょうか?w
030
















司会のお姉さんのいつもの
「皆で大きな声で読んでみよう!」「セブン~!!」
の声でセブンさん登場。
意外と言っては失礼ですが、大きいのねセブン。
032
















途端に黒山の人だかりにw
並のアイドルよりよっぽど人気があるぞセブンw
僕みたいな特ヲタっぽい人から親子連れまでひしめき合って
とってもカオスな状態になっておりましたw
035
















小さい子は抱っこしたり、きちんと膝を付いて同じ目線になったりと
さすがセブンさん父親の貫禄というか子供の扱いを解ってるなぁw
というかウルトラマンってセブンに限らず今もやっぱり人気なんだね。
おじさんちょっと嬉しくなったよ。これもウルトラマン列伝の影響なのかな?
039























そんなわけでセブンさんとバッチリ撮らせてもらいました。
しっかり肩を抱いてもらい、握手も力強かった!
見よ。この31歳の締りのない顔をw
041















 
同じフロアでウルトラマン日本画で書いて話題となった村上祐二さんの
作品も飾ってありました。東京の日本橋三越でも同様の作品展があった
らしく同じ三越系列ってことで来ていたみたいです。
ちなみにこちら1作品お値段¥77000!!
相方さんに「セブンだからこの値段なのかな?」
って言われて気づきました。
お値打価格なのかな?にしてもちょっと普通には買えないですねぇ。
042
















あまりに値段と大きさがが強烈でちょっと見きれちゃってますが、
光の国からという作品。
お値段なんと
一千万!!!(税抜き)
もう何かちょっとクラクラしてしまいましたw
作品集の本があったから買っても良かったけど
¥3000くらいしたのでちょっとためらってしまいました。
でもこれは生で見たほうが絶対いいです。
本当に圧倒されますよ。
043
















大役を終えてさっそうと帰っていくセブンさん。
帰って行く途中もしっかり皆に握手したり、手を振っていました。
さすがセブンさん。器がデカイぜw
006
















この間のRXさんの時もそうでしたけど、日常生活にヒーローがいる
光景ってなんかイイよねw背中で語るウルトラセブンなのでした。




最後に感想というか今回こういうイベントに来てみて
改めてウルトラ人気を肌で感じたんですが、
そう考えると熊本のウルトラマンランドが閉園してしまう
のはやはりとっても残念だなぁと思います。

円谷側としては映像作品に投資を集中したいってことを
言っているみたいですけど、たぶん映像とこういった生で
ヒーローと触れ合えるものの両立が大事だと思うんですよね。

秋田のローカルヒーロー超神ネイガーとかを見ていて
改めて目の前にヒーローがいて動くっていうTVでは味わえない
感動はやっぱり大事だよなぁと思った次第です。

とにかく子供たちがとっても楽しそうにしていたのが印象的でした。
ウルトラマンランドの閉園も行けたらいいなぁ。
その時はまたレポートします。

でわでわ、またね。