読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

職に就く

今日、長かった求職活動が終わろうしています。

している、と書いたのは一応明後日正式に決まるからです。

まぁ一応面接受けたり、会社探したりという活動をしなくてすむ。
ということです。
正直ここまでにめげそうになったことがなかったかと言われたら
なかったと言えば間違いなく嘘になります。
ただ、一応前の会社を自己都合で辞めているので、失業保険が
出るまで3ヶ月の給付制限があって、その期間のうちにどうにか
職は決めたいなぁと思っていました。

俗に言うお祈りメールも一杯もらいました。
ますますのご健勝をお祈りいたしますって言葉を見るたびに
へこみました。さすがに僕もそんなに強いわけじゃないです。

ただ、今になって思うと本当にいい経験が出来たといます。
仮にいま就職活動とか転職活動をしている人がいるなら
伝えたいことが3つあります。

①自分のなかでこれだけは譲れないというものを見つけよう。

賃金はこのくらい欲しい。
休みはこれくらいがいい。
転勤はしたくない。
etc・・・
人それぞれ譲れない部分があると思います。
それが何なのかよく考えて、譲れないものがわかったら
それは絶対に譲るべきではないです。 

②とにかく続ける。あきらめずに続ける

ハローワークの職員の方に聞いたんですけど、就職が決まらない人は
求職活動をして中々内定がもらえないということで陰鬱になり
もうダメかもと思うのが普通です。そして諦めて求職活動しなくなり、
就職の意欲がなくなって悪循環に陥るそうです。
もし、今中々就職が決まらなくても
それで、諦めないで下さい。 
スラムダンク安西先生の言葉
「諦めたらそこで終わりですよ。」
というのは本当です。
諦めたらそこで全てが終わってしまします。 
出口がないトンネルはありません。
出口が必ずあると信じて求職活動しましょう。

③ 面接では嘘をつかない

取り繕う面接、ありきたりな面接は相手に響きません。
練習どおりの受け答えも大事ですけど、一番大事なのは本当の自分を見てもらうこと。
取り繕って内定をもらってもその会社に入ってから必ずボロがでます。
だから自分のことを偽らないこと。
今の自分をシンプルに、相手に伝えようとする気持ちを持って望みましょう。
面接は会社と自分とのお見合いの場。
お見合いも真摯に相手と向き合いますよね。
相手にありのままの自分をを伝えようとすれば大丈夫です。


もし、今求職活動している人にちょっとでも参考になったら幸いです。
明けない夜が来ることはないですよ。


でわでわ、またね。