なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

2018.2.19 特撮ヒーローたちの行方をアンナチュラル6話を見て再び思い出す

本来だったら先週の金曜日に

アンナチュラル6話が放送された時点で

書くべきだったのかもだが、まぁ良し。

 

アンナチュラル毎週凄い楽しく見ているのだけど

先週の放送はニチアサを見ている人間から

したら

あーー!!!

って人達が出ていた。

 

簡単に書くと伊達さんが一番最初に殺されて

最後にジャンも殺されかけたとw

 

伊達さんこと岩永さんがゴリマッチョと

言われていたのにはちょっと笑ってしまった。

 

ちなみにふとTwitterを巡っていたら

アンナチュラル2話で石原さとみ窪田正孝

保冷車に監禁して湖に沈めた犯人が

現在放送中の仮面ライダービルドの三羽ガラスの一人

リーゼントの赤羽を演じた栄信さんだったことを

本人のTwitterで知る。

いや、もうリーゼントで頭のなかにインプットされて

入っているので、髭面で髪がボサボサだと

本当に気がつかない。

しかし、特撮好きとしては気が付きたかった。

 

こうやって特撮出身俳優さんを気にしていると

その昔、特撮ニュータイプにヒーローたちの行方

というコーナーがあって結構好きで見ていたのを

思い出す。

 

 

特撮ヒーロー、ヒロインを演じた方は

それこそその後俳優さん女優さんとして

活躍している人もいる一方、引退される人も多くて、

やはり他の番組などで見かけると思い入れもあって

応援してしまう。

 

最近だとソフトバンクのCMで

ドライブとトッキュウ1号がサンキューパスをしている。

 

ちょっと前に特撮ヒーロー出身者番付なるものを

ふっと考えたという記事を書いたのだけど、

ヒーローヒロインを演じた後

第一線で活躍し続けるというのは

本当に大変だよなぁ

と改めて思う。

 

ちなみに特撮出身俳優ヒロイン編もそのうち

と上のブログで書いていたので考えてみたが

女優さんで番付を考えた場合

 

東 横綱 内田理央   西 土屋太鳳

  大関 馬場ふみか     高梨臨

  関脇 逢沢りな     水崎綾女

  小結 MAO       小宮有紗

  前頭 長澤奈央     立石晴香

 

レジェンド枠 東 北川景子 西 高畑淳子

 

という感じだろうか?

 

もう完全に独断と偏見なので

申し訳ない。

 

自分が最近見たというのを基準にしたら

こうなった。

 

ちなみに高梨臨さん結婚に地味になぞちゅうは

心を痛めているw

 

最近は小結枠(という名称もどうかと思うが)

というか声優業へいくというルートも出来たのが

大きいんじゃないかと思っている。

 

この人が抜けてる!!というご意見は

あると思うがご容赦頂きたい。

 

兎にも角にもふっと見た作品で活躍している

ヒーロー、ヒロインに頑張って!!

と応援し続けたいなと思う。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.2.18 俺もからかい上手の高木さんみたいな女の子にからかわれたい青春だった

いやぁルパンレンジャーVSパトレンジャー

は2話も最高だったなぁみたいなことを

書こうと思っていたんだけども、

 

撮り溜めていたからかい上手の高木さん

のアニメを見てから色々悶々させられて

ニヤケ顔が止まらない。

 

 

原作はゲッサン連載の漫画だそうです。

 

 

まったく原作を知らない状態で、

からかうのが上手な高木さんの話?かな

と思って見たら本当にそんな話だった。

 

もう、これはストレートに言うとアレなのかもしれないが

「男には年上属性の女の人にもてあそばれたい願望」

みたいなものが確実にある気がする。

 

母性に弱いというかなんというか

うまく言葉にできないけでども。

 

この作品はその辺をもろに撫で回して

なぶり殺してくる感じとでも言いましょうか。

 

まぁあれですよ。恋愛って

 

くっつくのか?くっつかないのか?

お前どうなんだ?ああん???

 

みたいな時期が一番楽しいって奴ですね。

 

ちなみ自慢じゃないがなぞちゅうはたぶん

この主人公達の年代であろう中学時代が

一番モテた気がするw

 

自慢じゃないが、ラブレターももらったし

交換日記もしたぞ!

 

でも、このへんって今は携帯スマホ

あるから多分今の中学生とかってもっと

デジタルライクなんだろうかと思うと

ちょっと自分の年代も良かったかもしれないと

思ったりする。

 

「LINEで好きですとか言えないよぉ…」

とかもそれはそれで良いのだけどもね。

恋する悶々ハートライク(意味不明)

は時代関係ないということか。

 

とにもかくにも

もうお前ら付き合っちゃえよ!あああん???

みたいなのを楽しみたい人にはオススメのアニメ&漫画です。

 

ちなみにスピンオフで結婚して子供が出来てから

の話も別作家さんが漫画にしているそうで

立場的にこっちに近いなぞちゅうとしては

これも読んでみたいなぁと思っている。

 

 

OPの大原ゆい子さんの「言わないけどね」

もとても作品にマッチしていると思う。

速攻でダウンロードした。

デジタル万歳。

言わないけどね。

言わないけどね。

  • provided courtesy of iTunes

 とりあえず現在6話まで進んだので

折り返しということか。

 

アニメだけじゃなくドラマの中間採点とかも

してみようか考え中。

 

とりあえずアニメ部門では本作がダントツ1位です。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.2.17  2人の羽生に注目が集まった日。羽生結弦くんの金メダルと羽生善治竜王の敗戦

はい。

タイトルの件。

今日は歴史的ニュースが2つありましたね。

 

羽生結弦くんの金メダル2連覇と

 

中学生棋士藤井聡太くんが朝日杯で

羽生竜王に勝利し決勝に進出。

決勝も振り飛車穴熊の使い手広瀬八段に

勝利して優勝。そして六段に昇段。

 

いやぁ、なんというかもう二人の

このニュースを見ていると本当に

事実は小説より奇なりっていうか

こんなことって本当にあるんだなぁ

って感じになりますな。

 

どうしてもなぞちゅうは将棋好きなので

藤井くんのニュースに注目してしまうのだが

持ち時間が少ない早指し戦ということで

瞬発力がある藤井くんの若さが良い結果に

繋がったのかもしれない。

 

これであとはタイトル戦でのタイトル獲得なのだが、

これだけ強いと本当に中学生タイトルホルダーが

誕生してしまいそうで末恐ろしい。

ぜひ羽生竜王とまたどれかの棋戦で対局してほしい。

 

藤井くんの強さはどこから来るのだろうと

考えたのだけども、詰将棋選手権で昔から

優勝しまくっていることから終盤が鬼のように

強いというのはあるけども、たぶんPC将棋ソフト

とネット環境の充実という現代の文明の利器

の恩恵を受けれる時代に生まれたというのは

凄くあるんじゃないかと思っている。

 

この辺はまた改めて記事に出来れば。

 

順番が逆になってしまったが

羽生結弦くんに関しては

本当に怪我からの復活劇

ということで、こちらも少年漫画かよ!

みたいな熱い展開だった。

 

改めて踊っている羽生くん見たんだけど

本当に体のラインが細くて顔が小さくて

それはそれは王子様みたいで。

 

でも、その細さであれだけの動きをするんだから

そりゃ体力も相当必要だろう。

細くて力強い動きをするって凄く相反すること

だから凄い努力してるんだろうなぁということ

は想像できるんだけどそれをきちんとやった上で

オリンピックという最高の舞台に標準を合わせて

結果を出すって並大抵のことじゃない。

 

やはり王者になるにはそれなりの気持ちと

覚悟があったんだろうなぁと推測する。

 

たまたまテレビに宇野昌磨選手と2人で出て

いるのを見た時に、

「この金メダル取るために色んな物やことを捨てました。」

って言っていた。

 

すべてを投げ打って結果を出す。

プロフェッショナルだなぁと感心。

 

若い二人に元気をもらったので

自分もちょっとだけ頑張ろう。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.2.16 コンビニの店員にお礼を言うか問題が問題になるのってなんだかなぁな話

はてブを見ていたらこんな記事が。

 

f:id:nazotyuu0522:20180218020829p:plain

文中で出ているがまず

「店員にお礼を言うなんて恥ずかしい」

という感情を持つ人間がいることに自分は驚いている。

 

これって結局

「自分が相手の立場になった場合の想像が出来てない」

ってことだ。

 

この自己中に考えられる感覚というのが

どうしても理解出来なくて。

 

それこそ、マツコ・デラックスさんが

民度という言葉を使っていたが

家庭環境や育ちということになるのだろうか?

 

お互いに気持ちよくなるようにという

感覚が持てない人とは正直自分は合う気がしない。

 

こういう感覚って凄い大事なことだと思う。

ちなみになぞちゅうは近所のコンビニの

店員さんが大好きだということを

LINEブログの方に書いてしまっていた。

恋愛的な意味ではなくて

本当に袋に商品を入れるのがスピーディーで

愛想が良くって、箸もこちらが言わずとも

「お箸は2膳でいいですか?」

と聞いてくれる、とっても出来た店員さんである。

(ちなみになぞちゅうはいつも割り箸を2つ貰う

ようにしている)

 

こちらの意図をくんでくれる出来た店員さんには

やっぱりお礼言いたくなるのが普通だと思うのだ。

 

こういうちょっとした気持ちがプラスになることを

さらっとやれる人間でありたいなと思う。

 

それこそやるやらないは人それぞれで良いのだけど

それをやることでプラスにはなれどマイナスにはなるまい。

 

そんな感じです。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

2018.2.15 Trelloとtogglの連携を探っているが、痒いところに手が届かない

ちょっと作業時間というか

何をどのくらいやっているか

を可視化したくて、

色んな時間を測定出来る

定番タイムトラッキングツールの

togglを使おうとしている。

f:id:nazotyuu0522:20180216070705p:plain

 

で、どうやら僕が現在使っている

Trelloと連携が出来るらしいと言う

記事を見つけたので色々やっているのだが

こちらを参考に。

 

自分が使っているWeb ブラウザはChromeなので

プラグインもバッチリ入った。

f:id:nazotyuu0522:20180216065556p:plain

すごい!

ちゃんとタスクマークの横に

toggleスタートボタンが出来ている!

 

しかも、チェックボックス

横にそれぞれついているではないか!

 

これ無料でいいんですかレベルである。

 

これでイケるで!工藤!完璧や!

と思っていたら

 

アプリ版では連携しないんかい!!!!

 

仕事柄PCがずっと目の前にあるわけでは

自分ないからね…

 

アプリ版で連携したら神やった…

ホンマに神やったで工藤…

 

もう今の気持ちは唐紅のラブレターやで。

いつも心君の側やって言うてるやん。

 

すげぇ!これすげぇ!

ってなったこの気持ちをどこに持っていったら

いいんや…

 

とりあえずもっといい方法はないか

探ります。

 

勢いで5分で書きました。

お許し下さい。

 

この時点で500文字も書けてませんが

お許し下さい。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

2018.2.14 スポーツ観戦を楽しむ技術。ポイントを抑えるって実は難しい気がする。

バレンタインデーの話は

昨日書いたので全く関係ない話を。

オタクの恋愛論的なこと補足で

書こうかとも思ったけど、

大体僕の言いたいことは去年

書いてたので。

 

でタイトルのお話。

 

僕の知り合いがちょっとこういうことを

呟いていたので。

 

現在絶賛平昌冬季オリンピックをやっているが、

スポーツ観戦のやり方がわかんない

という人実は意外と多いのではないだろうか?

 

 

それこそ見るポイントというか

どこに注目して見るかって実は

技術なんじゃないかと思うのだ。 

そのポイントを自分で見つけられる人は

見方が上手い人ということになる。

 

例えばその選手の人となりとか

その競技にかけるバックグラウンドが

情報として入っているのと入っていないのでは

見方が違ってくる。

 

そういう見るべきポイントを抑えて見る

というのもまた技術だよなぁと。

 

自分も上手くポイントを抑えているか

というと中々そうは言っていないので

そこはうまくなりたいなぁと思う。

 

ポイントを抑えるって言葉にするのは

簡単だけど、意外と難しいよね。

というお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.2.13 バレンタインと結婚記念日

今週のお題「バレンタインデー」

ブログの日付としては前日の日付に

なってしまうのだけど、書いている日は

14日だから良し。

 

バレンタインデーです。

そして自分と奥さんにとっては

結婚記念日でもあります。


f:id:nazotyuu0522:20180214052814j:image

奥さんにチョコ頂けました。

ありがたいことです。

 

そもそも、自分みたいな

よくわからんやつと結婚して

もらえたのが本当にありがたい。

 

バレンタインデーに義理チョコとか

送るのやめませんかみたいな広告が

ゴディバから出たらしいんですけど、

www.asahi.com

まぁこうコミュニケーションの

きっかけというかイベントとして

チョコを渡す文化はあっても良いのでは

と自分は思うんです。

 

実際ブラックサンダーでおなじみの

有楽製菓さんはよそはよそ。うちはうち

とひと目で義理チョコとわかるブラックサンダー

もよろしくお願いします。とやった。

粋ですね。

 

今朝ニュースでやってたんですが、

転勤が多い会社で、バレンタインの14日

は社内便でチョコがあふれて肝心な荷物より

多くなってしまったので、そのぶん

チョコをあげたつもり、もらったつもりで

募金を募ってそれを途上国に送ってるって

会社が出てました。

 

形式的にあげたり、もらったりするのは

たしかに負担が大きいのかもしれません。

 

でも、そのイベントのお陰で結婚のきっかけに

なった人間が思うのは、こういうイベントを

楽しめる余裕があってもいいのではないかと

思います。

 

ちょっと前に節分の時も書いたかもですが

こういう行事ごとを楽しめるというか

季節の風物詩的なものは乗っかろうと

能動的にならないとたぶんダメなんですね。

 

そんなん私には関係ないわとやってしまった

時点でそのイベントは楽しいものでは

なくなってしまう。

 

イベントごとを楽しむ余裕がないのは

あまりにも悲しい。

 

美味しそうなチョコが売ってあったから

買ってきて食べるでもいいじゃないですか。

 

そういうイベントにプラス思考でのっかれる

人間でありたいなと僕は思います。

 

皆さんハッピーバレンタインでいきましょうね。

 

今日はここまで。