読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞちゅうのはてなブログRX

30代の特撮好き。特撮以外も雑多に好き。好きなモノを好きな時に色々書くブログ

なぞちゅうスパロボ童貞を捨てる

どうも。

最近はゲームもゲーセンにふらっと暇だから立ち寄る時か。

スマホでポチポチやるかのどっちかになってきた

なぞちゅう(@nazotyuu)です。

 

さて、最近になって自分は他の人が当たり前になってる

オタク的教養をあまり持ち合わせてないんじゃないか?

と思うことがありまして。

 

知り合いの人も同じような人がいて僕は心底嬉しかったんですw

当たり前のように

「あれやったよね?」

と言われて

「いや、面白そうだと思ったけどやってないんだ。」

と言った時の質問をした人の残念な顔を何回も見てきました。

ちなみに最近ドワンゴの川上会長が日本の教養は実はジャンプ的

発言をしていて、確かにそうだし、それだからこそ

「当たり前大作やってない問題」が表面化するんでしょう。

川上量生さん「残念ながら日本の教養の原点はジャンプ」:朝日新聞デジタル

 

実は見てない大作とか名作ゲームは多々ある中で

スーパーロボット大戦(略してスパロボ)シリーズもその一つ。

そんなしてると会社の後輩君がスパロボの時獄編を貸してくれたんですよ。

 

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

 

 

一つひとつの作品は見たことあって、思い入れのあるものもあるけど

見てない作品もあるから、クロスオーバー的な話を真から楽しめない

んじゃないかなっていうのがスパロボにはあったんです。

 

最近で言うと映画のアベンジャーズは凄い面白そうだし、

単体でアイアンマンを見たんですけど、それは凄く面白かったので

アベンジャーズは面白いのは間違いない。

出来れば全部他の話も知った上で楽しみたいってなるのが

オタクってもんじゃないですかw

 

そうなるとスパロボはどうしたって作品数も多いから

全部知ってるってなるのは物理的に無理なんですよね。

 

まぁスパロボから入ってそれぞれの色んな作品を見るっていうのも

いいんでしょうし、最近の子はそれが多いのかもですね。

80年代のロボットアニメとか自分も生まれてないから見れてないですしw

 

まだ初めのちょこっとしかやれてないけど、

戦闘のエフェクトというか機体が予想以上に綺麗に

しかもフルボイスでバンバン動くのは見てて楽しかったので

予想以上に楽しめるかなというのが今のとこの感想です。

 

とりあえずマクロス7は解るから、バサラを強くしよう(適当)

 

シミュレーションゲームはぼちぼちやる自分には向いてるのかも

しれません。まぁこれでスパロボ童貞も捨てれたので

大人の階段をまた一歩ずつあがっていこうと思います。

 

 最新作は3DSで最近出たばかりのようです。

これまでやれるかなぁ?

 

とにかく皆さんも食わず嫌いせずに

色んなジャンルの色んな作品に触れてみたらいいと思います。

 

新たな発見があるかもですよ。

 

という訳で今日はこれまで。

でわでわ、またね。